contact us

イベント2016.09.02 -イベント

本日は20時?26時までの営業となっておりますのでご注意ください。

さて、今夜の一曲は
Clannad 『刈株の緑野(Coinleach Ghlas an Fhomhair)』
アイルランドの音楽グループ、クラナドが82年に発表した7枚目のアルバム『Magical Ring』からの曲になります。メジャー・デビュー作品として広い人気を獲得しており、収録曲『ハリーズ・ゲームのテーマ』は全英5位を記録しました。
アイルランドの歌姫、エンヤが所属していたことでも知られ、メンバーはエンヤの兄姉とその叔父で構成されているファミリー・グループです。ケルト・ミュージックを下敷きにしており、今で言えばニュー・エイジというジャンルになります。前述のエンヤやクラナドの曲をカバーしているケルティック・ウーマンなどはその後進になり、この分野の先駆者といっていい存在です。
『刈株の緑野』は最小限の音で構成された曲ですが、静謐で澄んだ音が心を揺さぶります。アコースティックとボーカルのモイア・ブレナンの声が遠いアイルランドの地へと誘ってくれる名曲です。